すっ飛ばし2016年12月26日 21:02

サークルを使ったリハビリが2日位経った頃、自分の中でこんな物使わなくても歩ける気がし始めた。
S君も流石プロだけあって其の辺の事は良く見ていたんですね。
サークル無しで装具だけ付けて歩いてみましょうって言ってきた。
最初は壁にそっていつ転びかけても大丈夫なように手すりにそって歩いてみた。
ちょっと不安も有ったがいけるじゃないですかって事で杖に依る歩行はすっ飛ばした。
自転車を20分こいだり、どんどん歩く練習をして、そのうち病棟内は自由に歩いて下さいと言って貰った。
その頃、北海道では季節が冬に向かいつつあり気持ちが焦って来たように思う。
そろそろお店を片付けて兵庫に戻る時期が近づいていた。
ここで冬を越す事を想定していなかったので気になってきた。
Drに退院の相談を持ちかけると、抗菌剤の投与が10月24日で終了するので特に問題なければそれ以後だったら多分大丈夫との事だった。

コメント

_ 釧路のお百姓さん ― 2016/12/26 23:18

弟子屈の病院での状態を見ると、内心はたして年内に帰省できる
のか心配でしたが釧路の病院に移り、再度、見舞いに行くと歩ける
までの状態に回復したのはビックリ、これも本人の治す気力でしょうね。来年の春は本調子で夫婦揃って再度、会える事を楽しみにして
ます。畑等も待っていますから。

_ うりむぅ ― 2016/12/27 19:59

はい、ありがとう御座います。回復には時間がかかりますがここまでくれば焦らず治します。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック